アロニア乾麺食べてみました♪  
line decor
  HOME  ::   おすすめグルインモニター記
line decor
   

アロニアは元気の源!!

ロシアや北欧で広く栽培され、古くからジャムやジュースに活用されてきたアロニア。
そのアロニアが、今、北国の小さな集落を元気にしています。
何故ならば・・・

アントシアニジンがブルーベリーの約3倍!

ビタミンC、食物繊維も豊富!

限定生産農家(岩手県盛岡市砂子沢地区)栽培で安心安全!

・・・だからです!

アロニアには独特の渋みがあり、そのままでは鳥も食べません。
その渋みをとるのに成功したのがつい1年半ほどまえ。詳しくはコチラをクリック★

その後、(財)盛岡地域地場産業振興センター(盛岡手づくり村)の職員が総動員して様々な試作品を重ね、まずは色鮮やかなジャムが出来上がりました。

アロニアジャム

アロニアのジャムはちょっとくせになる味です。
甘みもさっぱりしているので
ソフトなパンにもハードなパンにもピッタリ☆

その後、サプリメント、100%ジュース(現在売り切れ中:h21.3月現在)、南部煎餅なども出来上がり

アロニア商品
現在、「(財)盛岡地域地場産業振興センター(盛岡手づくり村)」のネットショップ
「盛岡産業まつり」で販売されています。
新たな挑戦!
 
そして今
次なる新商品 「アロニア乾麺」を開発中です。

左から
アロニアそば・アロニアうどん・アロニアひっつみ
アロニア乾麺

盛岡はわんこそば、じゃじゃ麺、冷麺を三大麺とするほど、とにかく麺食いが揃っています。
サプリメントに使う粉末をそのまま麺に練りこんだら、
もっと手軽に美味しく健康になれるのでは・・・盛岡手づくり村の職員たちの飽くなき挑戦が続きます。

そ・こ・で☆夢をかたちにするお手伝いが出来たらと!
コンシェルジェさくら隊の出動!!

まずは試食をしてみました。

<アロニアそば>

乾燥状態から見てゆでたらどんな色になるのだろうと
内心ドキドキしていましたが、
意外と渋い紫色でびっくりするような色にはなりません。
それよりも、そばのつやの良さが、原材料のそば粉の質の良さを物語っています。

食べてみると・・・う〜ん、のど越し爽やか〜♪
くせもなく、渋みもなく、美味しいおそばです。

かけそばには油揚げとめかぶを添えて・・・
こちらもさっぱりといただけました。

<アロニアうどん>
アロニアうどん
うどんには今が旬の三陸わかめを添えて、
三つ葉でいただきました。
腰もあって、細めんなのでつるつるいけます☆
<アロニアひっつみ>
「ひっつみ」というのは、「すいとん」のことです。
岩手県南部地方では小麦粉で作った「たね」を
ひっつまんで鍋にいれることから「ひっつみ」と呼ばれています。
アロニアひっつみ
・*:.。. .。.:*・それではここでひっつみ料理タイム〜♪゜・*:.。. .。.:*・゜

@1袋2人分の水、約1.2リットルを沸騰させます
(ここでお好みの肉、野菜を入れてもOK!今回はにんじん、ゴボウ、舞茸、豚肉、油揚げを入れてボリューミ〜にしてみました☆)

A野菜が柔らかくなってきたらひっつみをパキポキ一口大に折って
パラパラと少しずつ入れ、さらに4〜5分茹でます。
(一度に入れるとくっついてしまうのでパラパラと入れるのがコツ☆)

B湯こぼれしないよう火力を調節しながら最後にスープを入れて出来上がり♪

小麦粉を練って作る「ひっつみ」と比べて、
こちらは薄〜く延ばしてある乾麺なので、
「ちゅるん♪」といただけます。
付属のスープもコクがあって良いお味☆
これなら、小さいお子さんも好んで食べるのでは?
お野菜とお肉も入って、栄養面でもパーフェクトに近いのでは!?

全体的に・・・
麺の材料自体が国産という質の良さから
のどごし、コシ、味ともに安心して美味しくいただけました。
そのうえ、健康にも良い!

こうして気軽にいつもの食事で「美味しく健康維持できる」のが嬉しいですね☆

 

もりおかアロニア物語
最後まで読んでくださってありがとうございますm(__)m
それでは、引き続き、アンケートへの回答をお願いします。

★おまけ★

こうしてアロニアの食生活を数日続けてみましたが、
なんだかパソコンの字がはっきり見えるような気がします(☆∀☆)
※あくまでも個人の感想です^-^

そして、はっきり言えるのは朝の快便ですね☆
※これも個人差があると思います^-^

★おまけの大サービス!!
来る平成21年3月8日、東京で行われる女性デーのイベント

盛岡手づくり村ではこのアロニア乾麺を持って参加します。
アンケートに答えてくださった皆様にはアロニア乾麺(お好きなものを1種類)をプレゼントいたします。
御近くの方は是非!会場まで足をお運びくださいね☆

 
  このWEBサイトは、企業組合コンシェルジェが運営しています。
Copyright (C)2005- CONCIERGE. All Rights Reserved.